カートをみる マイページへ ご質問集 お問い合せ お客様のお声 サイトマップ
RSS

HOME > ぶり豆知識

【ぶり豆知識】

ぶりは、英語名では、「YellowTale」 と言われていますが、どうも、ヒラマサを指すらしい、と聞いたことがあります。
「長崎県水産部ホームページ」によると、ぶりの分布は、分布:東シナ海−カムチャッカ半島となっています。つまり、日本近海でしか分布していないのです。
アメリカ東部で獲れないのです。逆にヒラマサは、温帯域の世界中に分布しています。
ちなみに、オーストラリアでは、「YellowTale」は、「アジ」を指します。

ぶりは、『通常10kg以上』のものを指します。ただ、90年代以降、日本経済の低迷とともに、小さいものも「ぶり」と呼ぶようになりました。
氷見では、5kg台のものは、「小ぶり」 と言います。ただ、お隣の石川県で、3kg台のものまで、「小ぶり」と呼んでいたのには驚きました。
今まで、氷見でもっとも大きいものは、『28kg』というぶりをで見たことがあります。


商品一覧

該当商品はありません