九転十起 金のぶり茶漬け

出世魚の王様「天然ぶり」を使った
金粉付きのお茶漬けです。

招福を願った金粉入りのお茶漬け

氷見漁港水揚げの天然ぶりを、ささっと食べられて消化の良いお茶漬けにしました。
ぶりはふわっと柔らかく、金粉が入っているので心も華やぎます!ちょっと疲れた時や頑張りたいとき、天然ぶりのパワーがきっと応援してくれますよ!
お仕事や受験勉強のお夜食にも最適です。

氷見ブランド「ブリ」を、ご家庭で堪能できます。

魚本来の旨みを十分に味わっていただくため氷見の海鮮問屋が手作りしました。
ブリの骨を手作業で丁寧に取りのぞくことで、一番美味しいとされる骨の周りの身を残しています。袋から出してそのまま食べられるので、忙しいママやお年寄りへの贈り物にも最適です!

一代で財閥を築いた、氷見出身の出世王、浅野総一郎がこよなく愛した「氷見天然ぶり」で作ったお茶漬けです。


15歳から商人を志し、数々の困難を乗り越えセメント王になった浅野総一郎。 度重なる挑戦と挫折は、七転び八起では足りなかったことから 「九転十起(きゅうてんじゅっき)」の男と呼ばれています。 その偉業にあやかり、総一郎の生まれた地の名産品、天然ぶりでお茶漬けを作りました。

京浜工業地帯の父



浅野総一郎の偉業にあやかり出世の願いを込めて、金粉をセットしました。



浅野総一郎は、無一文で故郷の氷見を旅立ち、数々の困難を乗り越え、なんと一代で財閥を築きました。そんな「氷見の出世王」が、こよなく愛したのは故郷で食べた懐かしい味、「氷見ぶり」だったのです。

ぶりは出世魚の代表格として縁起の良い魚として知られており、北陸では贈答品や祝いの席には欠かせない魚です。

そんなこともあり、総一郎の長男と板垣退助の四女が結婚した際は、板垣家にぶりが氷見から直送されてきました。
これは毎年続き、板垣家のテーブルを飾ったそうです。

お正月のおめでたい席。家族で縁起の良い料理を囲み一年の無事を祈る。
そんなひとときは、明治時代の動乱期、時代のトップを走っていた人々にとって、心強いパワーになったのではないでしょうか。

大切な方の幸せを願い、縁起物を贈る。
そんな、日本人の美しい習慣は、今も脈々と続いています。

天然ブリは、日本海を自由に泳ぎ回り、天然のエサをたらふく食べているので
その身は、しっかりとした歯ごたえと深い旨味があります。
しかし、養殖の魚と比べ、天然の魚は筋肉が多く身が固いイメージがあります。
また魚の生臭さが苦手な方もいらっしゃいます。
この「九転十起金のぶり茶漬け」は、黒米で作った麹で漬け込む事で、
ふっくらと柔らかく仕上げることに成功しました。

麹は、魚や肉の身をふっくら柔らかくする効果があります。
また黒米はポリフェノールも豊富で、魚の深い味わいを引き出すことができました。

社長が、氷見市場の競りに参加して買付けたぶりを、胴の部分だけ丁寧に切り分けて
食べやすく加工しています。

下記から、商品をまとめてカートに入れることもできます。

ご希望の個数を指定して「まとめてカートへ」ボタンをクリックしてください
(※購入決定ではありませんので、数量は後で変更できます)
表示切替: 並び順:
4件中1件~4件を表示

商品一覧

九転十起金のぶり茶漬け 1パック化粧箱付き(2食入り×3パック)

¥2,700(税込)

購入数

九転十起金のぶり茶漬け 1パック3食入り

¥1,400(税込)

購入数

九転十起金のぶり茶漬け 1パック2食入り

¥950(税込)

購入数

九転十起金のぶり茶漬け 1パック1食入り

¥500(税込)

購入数

4件中1件~4件を表示

【魚蔵ゑびす屋】への想い

営業日のご案内
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時営業

商品のお問い合わせは
TEL・FAX・mailにて承ります。
お気軽にどうぞ。
TEL : 0120-132-312
FAX : 0766-72-3636
mail : ebisu@himiburi.jp


営業時間
平日 9時〜16時
土曜 9時〜12時
【日・祝休み】
※氷見市場の休業日は
会社も休みとなります。
上記カレンダーを
ご参照ください

 

ページトップへ